目の下のくまやたるみを解消する【美容整形でハッピーライフ】

花と女性

ほくろを除去する施術

女の人

世の中には、顔の鼻や頬などの目立つ場所にほくろができて悩んでいる人は多くいます。ほくろが有ると、他人の視線が気になり、快適な生活を送れなくなります。美容外科では、そのような悩みを解決すべく、CO2レーザーという治療が行われています。この美容外科の施術は、ほくろにレーザーを照射して切除するものです。そもそもほくろの組織内には、たくさんの水分が含まれています。CO2レーザーには、水分に吸収されて熱を与える効能が有ります。そのため、ほくろの組織を一気に蒸散させて切除できるのです。しかも、周辺組織への影響が少なく、治療は短時間で終わります。もちろん、美容外科では患部に局所麻酔をするので痛みの心配はないです。

美容外科のCO2レーザーは、効率よくほくろを切除することができます。しかし、施術を受けた後は患部を良好に保つために注意することが有ります。まず、レーザーの照射部位は絶対にこすったり刺激を与えないようにすることです。外部から刺激を与えると、皮膚に色素沈着を起こす可能性が有ります。施術直後の患部は徐々に変色して、かさぶたになっていきます。そして、かさぶたができて1週間程度で、自然にはがれてくれます。さらに、かさぶたが取れた肌は、1ヶ月くらいで周囲の皮膚となじんでいきます。それまでは、絶対に刺激を与えない事が大事です。その他にも、治療後の皮膚はとても繊細な状態です。なので、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策を行ったほうが良いです。長時間の外出の際には、タオルで汗を拭い、日焼け止めをこまめに塗り直しましょう。また、皮膚の潤いを保つ保湿ケアも重要です。